2010年の経歴

2010年2月

○信州大学農学部食料生産科学科3年の縄と宮崎が「明日の長野県農業を担う若人のつどい」に参加する。

・青年農家の方々の発表

・農業生産法人(有)トップリバー代表取締役嶋崎秀樹様の講演

・長野県農業大学校の学生との交流

などから感銘を受ける。

すぐに「コレの農学部バージョンをやろう!」と二人で意気投合。

 

農学部の交流イベントを構想。。。

2010年3月

○信州大学農学部食料生産科学科3年の藤原を誘い、3人で活動開始。

 

2010年4月

○毛賀澤明宏さん(産直新聞編集長・長野県産直直売サミット実行委員会事務局長など多くの肩書きを持つ人)に相談する。

「Bigなイベントにするべき!!」とアドバイスを受ける。

 

○大井美知男教授(信州大学農学部副学部長)にも相談する。

「ぜひ開催しなさい。」と励まされる。

 

○佐々木隆教授(信州大学農学部経営学)にも相談する。

「過去には農ゼミ(全国の農学生の勉強会)があった」と教えてもらう。 

 

○信州大学農学部構内でアンケート用紙を200枚配布。

【アンケートの内容】

・ 全国の農学部生と交流したいか

・ どんなことを話したいか

・ 何をしたいか

・このイベントの実行委員になりたいか

信州大学生から様々な意見が集まる。

 

2010年5月

Blog開始。

 

○第一回実行委員会ミーティング開催。

13人集まる。

 

○イベントの方針決定。

 

○企画書作成。

 

☆軌道に乗った矢先、日本農業系学生会議JASCさんの存在を知る。

 

○すでに自分たちとよく似た活動をされて、存在意義に悩んだが、開催決定! !

 

2010年6月

○イベントの名称が『全国農学系交流会』に決定。

 

○開催組織の名称が「TTT委員会」に決定。

 

○信州大学公式学生サークルになる。顧問は北村喜邦先生。

 

○新宿高島屋の「大学は美味しい!!フェア」に参加。

チラシを18校に配布。

 

○全国の大学の農業系サークルへメールで告知。

 

○参加申し込み受け付け開始。

 

○信州大学農学部内でホワイトボードを持ち、アイディアを募集。 

・様々な意見・アイディアをもらう。

2010年7月

mixi開始。

 

○参加申し込み締切延長。

2010年8月

○しおり完成。

 

○信州大学参加者の親睦会開催。

 

2010年8月31日、9月1日に全国農学系交流会2010開催!!

 

・参加大学:6校

・参加人数:36名

 

・集合場所:信州大学農学部キャンパス

・宿泊場所:国立信州青少年自然の家

 

【イベント内容】

・信州大学農学部キャンパス見学

・アイスブレーク

・夕飯作り

・キャンプファイヤー 

・夜の交流会

・ラジオ体操

・草野球

・「全国農学系交流組織」創設会議

・農家、直売所見学

などなど。。。

 

2010年9月 

PhotoGetでイベント中の写真を参加者内で共有。

2010年10月

○反省会

・今回の反省

・良かった所、改善点の洗い出し

 

TTT委員会世代交代。

縄、藤原、宮崎が引退し、2,3年生へ引き継ぎ。

 

○世代交代後初ミーティング

・今年の反省のまとめ

・来年の改善点のまとめ

2010年12月

○ミーティング

・サークル活動援助費の用途の検討